通う期間・学費について

それでは、リハビリ専門学校に3年通う場合と、4年通う場合都では、どのような違いがあるのでしょうか。 基本的に、いずれに通う場合であっても、理学療法士国家資格の受験資格の前提となる科目の履修が必要となります。 そのため、必然的に4年の場合に比べて3年の場合の方が、詰まった内容になります。 では、より詳しくそれぞれのメリットについて紹介します。

まずは、3年制専門学校のメリットについてです。 まず、学費についてです。 一見すると1年間少ない分、4年制の専門学校よりも安いように思われがちですが、実際には逆で、3年制の専門学校の方が高くなっています。 メリットとなるのは、1年短い期間で習得を終え、就職に向かうことができる点です。 ただし、今後の動きによっては4年制に統合される可能性もあります。

次に、4年制専門学校のメリットについてです。 前述したとおり、学費が3年制専門学校に比べて安いというメリットを上げることができます。 そして、必修となる実習について、3年制では3年次に総合臨床実習を1、2ともに行う必要があるのに対して、 4年制では3年、4年次で行うことができるため時間的余裕があります。 日本理学療法士協会は4年制の方を推奨しています。